オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年8月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
美肌

皮膚科の活用法

皮膚科はニキビを治療したり、ほくろを除去したりするなどの保険診療も行っていますが、目的は同じでも先端の機器を使った自由診療を行っているところもあります。

ニキビ治療の場合は内服薬とアクネ菌に効く塗り薬の処方されますが、ほくろ除去の場合はメスを用いた外科的な治療になり傷跡が気になることがデメリットでした。自由診療ではレーザー機器を使用したより効果が高く、短期間で美しくなれる治療をしているところもあるので、希望により利用してみて下さい。

皮膚科の概要
皮膚科とは、全身を覆っている皮膚に見られる症状を治療する専門科のことです。火傷や湿疹などは、早く気付いて治療を受ければ、快癒するまで短期間で済みます。

また、最近では、皮膚に関する悩みや不安を相談する患者が増えています。顔のほくろ除去を依頼したい、ニキビ痕を目立たなくしたいなど、明確な希望がある場合には、レーザー治療を行う皮膚科を探すことが肝要ですので、各医院のホームページを確認する必要があります。

皮膚科の現状
現状、皮膚科ではシミやイボの除去、ほくろ除去などの治療が行われています。ほくろを取り除く際には切開法が一般的でしたが、レーザーが登場し患者にとって選択技が増えています。切開法は縫合跡が残る事が多く患者にとってはデメリットとなっていましたが、レーザーは縫い跡が無く綺麗に仕上がるという特徴があります。

また皮膚科ではニキビの治療も行われており、この際にもレーザーが使用される事が多くあります。詰まっている毛穴を開放するとともに、炎症している部分を沈静化させるという治療が行われます。

皮膚科の活用法
皮膚科とは、皮膚を専門に診察する科目となっていますので、皮膚の異常などを診察してもらう時に利用する科となっています。

皮膚科では、市販の薬品では治療をすることができない皮膚の異常の原因を調べて、適切な処置をしてもらうことができるようになっており、症状に最適となる薬品を処方してくれますので、皮膚を治療したい時に活用をすることができるようになっていますので、皮膚の異常が市販の薬品で治療することができない場合に活用することができます。

女性

ほくろ除去の方法

ほくろ除去の方法は皮膚科や美容形成外科等において切除手術を行う事が一般的であり、近年では痛みやかゆみがほとんどないレーザーメスによる手術が増加しています。

麻酔はホクロ周辺のみに効果がある局所麻酔を打ってから行いますが、わずか数十分で終わる事がほとんどです。手術後は必ず患部に絆創膏を貼るのですが、その理由は傷口に紫外線を当てないためであり、それを怠れば傷口が化膿してほくろ除去をした意味が無くなってしまうので注意が必要です。

ほくろ除去の活用法
ほくろ除去は、美容皮膚科で対応することが可能です。

ほくろはメラニン色素が集まって皮膚の上に出来る黒い集合体です。
美容目的で除去すると、顔や身体の見た目の印象を変えることが出来ます。
ニキビと合わせて治療が可能なため、肌を白く美しくしたい場合に効果的な美容施術です。
施術には最新の設備を使用するため、肌を痛めない安心の治療が可能で、ほくろ除去は肌表面に見えるものや、突出した状態もスムーズに進められます。

ニキビとは
ニキビは分泌された皮脂や汚れと毛根部に生育している細菌の相互作用による症状です。皮脂の分泌にはホルモンが関与しており、ホルモンが増加する成長期に発生する頻度が高くなります。ホルモンの分泌量が安定するに伴い、徐々に低下するのが一般的です。

しかしホルモンのバランスはストレス等により崩れる事があるので、成長期を過ぎてからも大人ニキビという症状がみられる事になります。毛根部が膨れ上がるという現象であり、治療はほくろ除去など共に皮膚科が専門となります。

ニキビの注意点
ニキビを治す際に注意しなければならないのが潰してはいけないということです。潰すとニキビが割れて面積が大きくなってしまったり、治ることのない赤色の後になってしまったりします。また、合わない薬を使うとさらに悪化してしまったりもします。

そのようなことが心配なら、きちんと診察してあった薬を出してくれる皮膚科に行くのもひとつの手です。これに限らず肌荒れやほくろ除去などのさまざまな肌に関することに対応してくれます。